スポンサーリンク

【グルメ】ブギスの隠れ家レストラン《BRINE》はオープンキッチンがおしゃれ|お得な平日限定ランチセット

グルメ
この記事は約4分で読めます。

ブギスの小規模ホテル「Hotel Clover」に併設されているレストラン「BRINE」

フレンチと和食、双方の調理技法を取り入れ、モダンにアレンジされたフュージョン料理が魅力のレストランです。

casual dining

ディナーはもちろん、週末ブランチセットや、平日ランチセットも楽しめるとか。

今回はとってもお得な平日ランチセットを堪能してきました。

ハイセンスな内装にテンションアップ

こじんまりした店内は、白をベースとしたハイセンスな内装。

ドライフラワーが沢山飾ってあり、外からは想像も出来ないようなオシャレ空間が広がっていました。

写真左側がオープンキッチン。シェフが料理中。

オープンキッチンのため、客席からはシェフの調理風景を見ることも出来ます。

良い香りに食欲をそそられつつ、料理の登場を待ちます。

お得なランチセット

平日のランチセットは、$22(ドリンク+2品)もしくは$26(ドリンク+3品)より選択。

一応アラカルトもオーダー可能ですが、断然セットメニューがお得。

公式HPより(https://www.brinesingapore.com/menus)

今回は、「Small Plate」「Main」「Drink」のセット$22を選択しました。

自家製ジンジャー×アップルドリンク

Homemade ginger beer, apple extract, dehydrated apple chips (Non Alcohol)

セットランチのはじめに、まずはこちらの自家製ジンジャードリンク

“Beer”という単語が入っているものの、ノンアルコールだそう。

味はジンジャーエール、リンゴチップスがトッピングされているという可愛いルックス。

とってもさっぱりしているので、シンガポールの暑い気候によく合います。

ボリューミーなスモールプレート!3種類から選ぶ

Truffled capellini, wild ceps

“Small Plate” の名からは想像が付かないほどボリューミーな「きのこのカッペリーニ・とびこ添え」

写真の通り、数種類のきのこがふんだんに使用されたクリームベースのカッペリーニ。

しかし、トッピングにはとびこと海苔という和の要素が取り入れられていて面白い。

カッペリーニの細麺がよくきのこのソースと絡んで、きのこ好きにはたまらない一皿でした。

Charred cauliflower, hummus, furikake

ちなみに、一緒に訪れた友人がオーダーしたのはこちら。

カリフラワーに、中東でよく食べられるフムス、和食らしい「ふりかけ」という名のトッピングが合わさった一皿。

こちらもヘルシーでとっても美味しかったそうです♪

ビッグプレートはサンドイッチからミート、リゾットまで

Steamed seabass, fried potato gnocchi, tom kha

メインはどどんっとこちらのお魚料理。

しっとりと蒸されたシーバスがメインですが、その下にはじゃがいもニョッキのフライ、トッピングにはいくら、トムヤムクン味のソースが添えられています。

オープンキッチンから出来立てが運ばれてきますが、料理が届いた後に、仕上げの温かいソースをかけてくれて完成です。

「一体どこの国からやってきたの?」と問いたくなるような、強烈な多国籍オーラを放つ一品。

お魚はしっとりしていて、トムヤムのエスニックなソースに食欲をそそられました。

他にも、チキンやサンドイッチ、リゾットなど、様々なメイン料理から選択することができます。

まとめ

おすすめポイント
  • ブギスの隠れ家的レストラン
  • オシャレでシックな内装
  • フレンチと和食にインスパイアされた独創的なメニューの数々

BRINE

住所:775 North Bridge Rd, Singapore 198743

営業時間:【ランチ】12:00-14:00【ディナー】18:00-21:00

定休日:月曜日(2021年3月現在)

ウェブサイト:https://www.brinesingapore.com/

Instagram:@brine.singapore

E-mail:hi@brinesingapore.com

TEL:+65 8748 0788

コメント

タイトルとURLをコピーしました