スポンサーリンク

【グルメ】ホッケンミーの王道《泰豊/Thye Hong》@Food Republic|ローカルフード

グルメ
この記事は約3分で読めます。

シンガポールの定番グルメのひとつ、ホッケンミー。

定番だからこそ、色んなお店があってどこが美味しいか分からない・・・

ということで、まずは第一弾。知人に教えてもらったおすすめのお店「泰豊/Thye Hongにまずは行ってみることに!

ホッケンミーとは?

そもそもホッケンミーとは何かというと、米粉麺と卵麺の二種類の麺を、卵や野菜、海老やイカなどの海鮮と一緒に炒め、辛みのあるサンバルソースやライムを添えた一皿です。

日本の感覚でいうと、焼きそばに近いイメージ。

シンガポールだけではなく、インドネシアやマレーシアなど東南アジア諸国でも人気だとか。

泰豊/Thye Hong

概要

Food Republic - 313@somerset
Food Republic

今回お邪魔したのは、313@Somerset の5階フードコート Food Republic にある「泰豊/Thye Hong」です。

〈Address〉
160 Orchard Rd
313 @ Somerset
Singapore 238895

ここのフードコート、25以上の店舗が集結しているのですが、1,000席以上のシートはピークアワーには満席状態。席を狙う方々が、我々が食べ終えるのを待っていて、じっと見つめられたりします。笑

こちらが店構え。

泰豊/Thye Hong の文字は控えめですが、FRIED PRAWN NOODLES と大きく書かれています。

メニュー

ホッケンミー Hokkien Mee 福建麵

$9.80(中)

お店の名物「ホッケンミー」ですが、シーフードが沢山入ったものとか、大海老が乗ったのものか、微妙な具の違いで結構な値段の差がありました。

私たちが頼んだのは Fried Prawn Noodle と書かれた、一番ノーマルなメニュー。

サイズは大中小と選べますが、今回は中サイズをいただきます。

・・・結構多めのボリューム感。もし、小食なら小でも十分かも。

味は、海鮮の御出汁がたっぷりで美味しい!

海鮮の風味が強いので、個人的には焼きそばというより、”ちゃんぽん” っぽい味だなと思いました。

まだ、他店舗を訪れてないので何とも相対評価が出来ませんが、自炊するのが面倒な日や忙しい日にさくっと訪れるのはありかも。

チャークイティオ Char Kway Teow 炒粿條

$11.00(中)

今回は一緒にもう一品オーダー。

その名も、チャークイティオ(Char Kway Teow 炒粿條)

米粉の平麺を、野菜やお肉と一緒に炒めたものです。

こちらも具材が色々ありますが、今回は既に海鮮系のホッケンミーを頼んでいたので、Beef Char Kway Teow牛肉炒粿條 にしてみました。

ホッケンミーは御出汁感が強く、汁っ気もありましたが、対してこちらは日本の焼きそばっぽさがより強い。

米粉の平麺がもちっとしていて、お肉も沢山入っていました。

まとめ

もし泰豊をリピートするなら、個人的にはやっぱりチャークイティオよりホッケンミー派かな!

海鮮の風味が感じられるのが良くて美味しかったです。

ホーカーにもいくつか有名なホッケンミー屋さんがあるようなので、これから開拓していくのが楽しみ。

by Jun♥

コメント

タイトルとURLをコピーしました