スポンサーリンク

【グルメ】シンガポール人シェフによる創作和食&寿司《飛龍/HIRYU》|五感で愉しむ日本クオリティ

グルメ
この記事は約7分で読めます。

「カウンターの寿司を食べるならやっぱり日本人の板前さんでないと!」

そう思っていた私ですが、その概念を見事に崩されたお店があります。

その名も、「Hiryu(飛龍)」

Best Japanese Omakase in Singapore - Hiryu SG
Serving the best Japanese Omakase along Tras Street, Singapore. Just a short 5 minutes walk from Tanjong Pagar MRT.

シンガポール人シェフ “Raymond Tan” 氏による、創作和食・寿司を提供するレストラン

木の香りとぬくもりを感じるシックな店内で、日本から空輸された質の高い魚介、更に和食ならではの繊細な調理を施されたメニューの品々を頂けば、「ここは日本!?」と錯覚を覚えること間違いなし!

東京、そして、シンガポールの有名和食店での修行

シンガポール人シェフ “Raymond Tan” 氏は、これまで様々な和食店で修業を積んでこられました。

まず、日本との関係のはじまりは19歳。

日本語教師をしていた叔母のススメで、日本語習得のため単身渡航します。

勉強の傍ら飲食店のアルバイトを始め、朝晩はキッチンで、昼間は勉学に励み、多忙な毎日。

そうこうしているうちに料理にのめり込み、当初3カ月の滞在予定が、あっという間に2年にまで延びたそう。

その後シンガポールに帰国しますが、飲食の道に進むと決め、有名な和食店で更に修行に磨きをかけます。

こうした人気和食店では、尊敬する日本人シェフとの出逢いなどもあり、料理への情熱や姿勢に感銘を受けてきました。

こうした修行を経て、2018年にご自身の技術を結集し満を持してオープンさせたのが、「Hiryu(飛龍)」です。

炉端焼きや寿司、和牛など、日本の人気料理を広く学んでこられたことが、現在の飛龍での創作和食料理に繋がっているのだなと感じます。

また、現在はコロナの影響で日本への渡航が容易ではなくなりましたが、以前は年に一度は日本に行き、数日限定で寿司店で働いたり、日本のシェフとも交流を深めるなど、意欲的に技術を磨き続けてきたそうです。

メニューはおまかせでもアラカルトでも、ランチ利用も可

https://www.quandoo.sg/place/hiryu-54218/menu#content

人気はシェフのおまかせメニュー。

$188と$258の2種類から選ぶことが出来ますが、アラカルトメニューもいくつかあるので、追加で気になるものをオーダーする方々も多いのだとか。

https://www.quandoo.sg/place/hiryu-54218/menu#content

ランチ利用も可能で、ばらちらしやお寿司のセットを、ディナーよりもお得にいただくことが出来ます。

シグニチャーの “おまかせコース” をディナーにいただく

丁寧に木箱で管理されている寿司ネタたち

今回はディナーのおまかせコース “RYU” $188 を頂きました。

OMAKASE “RYU” メニュー内容
  • 季節のお刺身3種
  • 温かい前菜
  • お寿司6種
  • ミニ海鮮ちらし
  • 本日のスープ
  • 食後の和スイーツ

季節のお刺身三種

Seasonal Premium Sashimi (3 Kinds)
  • 中トロ
  • スモークかんぱち(オニオンソース添え)
  • ひらめ(柚子風味)

中トロはねっとりとした程よい脂の乗り具合。

かんぱちは軽くスモークされており、特製和風オニオンソースと一緒に頬張れば一層豊かな香りが広がります。

削りたての柚子皮が程よくかかったひらめはさっぱりと。

一皿目から満足度が高く、後に続く料理に一層期待が高まります。

温かい前菜

Hot Appetizer
  • ししとうと蛤の天ぷら(うなぎの甘ダレかけ)

「春の風物詩、蛤が食べられるなんて・・・」

時は3月下旬、日本の桜を恋しく想う春の季節に、旬の蛤を和食としていただけるとは。

ひたすら感動。

殻ごと丸々揚げてあるのですが、上にかかっているソースはなんとうなぎの甘ダレ

ぷりっぷりの蛤と、サクッと揚がった衣がなんとも言えない食感。

夫婦で無言で微笑み合いながら、春の味を堪能しました。

寿司6種

  • 真鯛(柚子風味)
  • シマアジ(青ネギ添え)
  • ほたて(かぼす風味)
  • バフンウニ
  • 炙りエンガワ
  • 甘エビ(ごま添え)
  • 大トロ(沖縄雪塩添え)

お待ちかねのお寿司。

幼い頃から「好きな食べ物は?」と聞かれると、大抵「寿司!」と即答していた私なので、とても楽しみにしていました。

日本から取り寄せたこだわりのネタが美味しいのはもちろん、赤酢を使った酢飯は空気を含んでふっくらと、シャリは小ぶりの提供で、とても私好みでした。

それから、「ガリ」にも注目。

脇役扱いでないがしろになっているお店には幻滅しますが、こちらでは美味しいガリが用意されており、途中で追加をいただきました。

真鯛(柚子風味)

前菜のひらめと同じく、削りたての柚子皮を散らした一品、真鯛

厚めにカットされているのと、程よく脂がのっていて、噛めば噛むほど甘い。

白身魚×柚子のコンビネーションは無敵。

シマアジ(青ネギ添え)

アジの中でも特に美味しいシマアジ

脂乗りも良いので、青ネギの薬味が味を引き締めて良い仕事をしてくれています。

ほたて(かぼす風味)

北海道産のほたてに、醤油、そして、最後に生のかぼすをさっと絞りかけた一品。

かぼすと一緒に食べるのは初めてですが、これはよく合う!

バフンウニ

北海道産のバフンウニ

ウニ自体が美味しいのは勿論のこと、海苔まで薫り高く美味。

炙りエンガワ

追加で頂いた炙りエンガワ。

アラカルトで炙りのみの5貫セットが存在しているほど、こちらの店舗では炙りにもこだわりあり。

脂がほどよく溶けだすまでバーナーでさっと炙ったエンガワは、香ばしさと甘さがGOOD。

甘エビ(ごま添え)

今回の寿司ネタの中では、一番印象が薄かった甘エビ

美味しいけれど、格別というほどではなく、普通。

大トロ(沖縄雪塩添え)

沖縄の名物「雪塩」をひらりぱらりと掛けた大トロ

寿司のトリを飾るには相応しい寿司の王者。

大トロは脂身も多いので、塩で頂くのもさっぱりして良い!

雪塩は、きめが細かくまろやかな味わいが特徴なので、寿司ネタの邪魔をせずに美味しくいただけます。

欲を言えば、お寿司の最後には甘めの卵焼きが食べられたらなおよしですね。笑

ミニ海鮮ちらし

ミニ海鮮ちらし

ネギトロ・いくら・ウニ、そして銀箔が添えられた豪華ミニちらし

某回転寿司で頂くものとは違い、いくらは粒が大きくぷちっと食感が良き。

ウニは北海道から仕入れた自慢のネタらしく、寿司に続き二度目の登場。

お米の量は控えめなので、ぺろりと平らげました。

ちなみに、もうランク上のおまかせコースを頼むと、このちらしは更に豪華度が増し、A5ランクの宮崎牛やトリュフなどがのっているそうです。

贅沢~!

本日のスープ

海藻と豆腐のお吸い物

絶妙なタイミングで、本日のスープが運ばれてきました。

今回は、もずく・わかめ・豆腐の入ったお吸い物。

写真では沈んでしまっていますが、細かく刻んだミョウガも入っており、食後にぴったりのさっぱり味に仕上がっていました。

食後の和スイーツ

食後の和スイーツ

わらびもちと、マカロン。

わらびもちは自家製で、きなこと黒蜜もたっぷり。

日本に思いを馳せながら嚙み締めました。

もうひとつのデザート、マカロンは他店から購入しているそう。

もしほうじ茶味とかだったら最高だな~、と話していましたが、実際はキャラメルバニラ味。

最後は洋風でしたね、さすがに欲深過ぎました。

しかし、味はバニラビーンズがしっかり練りこまれていて甘すぎず、とっても美味しいマカロンでした。

(おまけ)今後の新たな新業態にも期待!

現在は創作和食・寿司店として「Hiryu(飛龍)」を営業していますが、実は今年中に別業態で開業予定があるとか。

もう少しカジュアルに、創作ラーメンを考えているそうなので、今後の続報に期待です。

まとめ

おすすめポイント
  • 日本を感じる木のカウンターでいただける、創作和食とお寿司
  • 日本から仕入れたこだわりの魚介類は、味付けにも一工夫
  • ネタだけではなく、酢飯やガリなど細部も見逃せない
  • フレンドリーなシェフらと話しながら食事を楽しめる、アットホームな雰囲気

「もう少し旬のお野菜が食べたいな」とか「甘い卵焼きもあったらな」とか、料理に対して若干改善点はあると思いますし、正直決して安いとは言えない価格設定ではありますが、ここ異国で、日本の食材が、日本クオリティの調理・味付けで頂けるのはなんとも嬉しい限り。

日本人シェフの王道和食も良いですが、たまには気分を変えて、シンガポール人シェフの創作和食を味わってみるのはいかがですか?

HIRYU 飛龍

住所:39 Tras St, Singapore 078978

営業時間:【ランチ】12:00-14:30【ディナー】18:00-22:30

定休日:日曜日(2021年4月現在)

ウェブサイト:https://hiryu.sg/

Instagram:@hiryusg

E-mail:raymondtan@hiryu.sg

TEL:+65 6788 9188

コメント

タイトルとURLをコピーしました